2016年12月19日

発達障害シンポジウム2016 〜発達障害の新たな枠組みを作る〜

まにわ充裕です。

12月議会もいよいよ明日が最終日です。

特にドラマは無いはずですが、真面目に議決に臨みたいと思います。

週末は予定が一杯でした。

日曜は、前橋市の群馬県社会福祉総合センターで行われた「発達障害シンポジウム2016」に参加しました。

発達障害の新たな枠組みを作る!というのがテーマでした。

プログラムは次の通りです。

13:40〜 親子講演(80分)

「発達障害本人がライフステージで困ったこと」 
イイトコサガシ代表 冠地 情

「発達障害の息子を育てた私の視点」 
 冠地情の母親 冠地 俊子 

15:00〜 休憩(10分)

15:10〜 (30分)
「福祉・教育の現場から発達障害をとらえる」 
フォレスト放課後デイ代表 
撹上 雅彦 (発達障害教育者)

15:40〜 (30分)
「発達障害という傾向」
ぐんまHHC代表 関根 沙耶花 (医師)

16:10〜 (20分)
トーク×トーク 
「発達障がいについてみんなで考える」  
*演者4人のトークタイム

続きを読む
posted by まにわ at 15:01| 群馬 ☔| Comment(2) | TrackBack(0) | 発達障害 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする