2017年06月28日

地域経済分析システム

こんにちわ

まにわ充裕です。

本日は、市議会の会派の政経クラブさんよりお招きいただき、地域経済分析システムRESASについての研修を受けました。

3年前ほどに石破茂衆議院議員が地方創生担当大臣をしていた頃、地方創生という言葉がよく飛び交っていました。

RESASとは、地方創生3本柱の一つである情報支援の為のシステムです。

地域経済に関する官民の様々なデータを、地図やグラフ等で分かりやすく見える化しているシステムです。

ビッグデータというやつですね。

どなたでも無料で使用する事が出来ます。

百聞は一見にしかず、という事でまずはごらんください。

yahooやgoogleでRESASと入力し検索すると1番目に出てきます。

トップ画面
トップ画面.png

この左上のメインメニューを押すと、このような項目が出てきます。
メインメニュー.png

人口マップ
地域経済循環マップ
産業構造マップ
企業活動マップ
観光マップ
まちづくりマップ
雇用/医療・福祉マップ
地方財政マップ

の8つがメインです。

ここの人口マップを選択し、人口構成⇒群馬県伊勢崎市を見てみます。

じゃん!(古いか・・)
伊勢崎人口.png

ご覧の通りですが、伊勢崎市は2040年はそんなに人口は減らないけど、高齢者の人口は増えるんだなあという事がわかります。

続いて桐生市も見てみます。じゃん!
桐生市.png

おおっ!!桐生市は現時点でも高齢化率が高いなあという認識はありましたが、このグラフは衝撃的ですねえ。

でも高齢化率自体はそれほど変わらないので、現時点で高齢者に優しい対応が出来ていれば、それほど悲観的に見ることもないかもしれません(*楽観視ではなく、他の自治体よりも課題を先取りしているという見方です)。

さて、次はメニューの観光マップを見てみます。

おっ、やっぱり華蔵寺公園がランクイン(2位)しています。1位のスマークは納得でしょうか。
観光入れ込み.png

ちなみにRESASでデータを見る画面では左下にデータの出典が出ております。
出典.png

観光データでは、ナビタイムというソフトの使用結果を元にしているんですね〜。
出典.png

更にこのRESASでは、華蔵寺公園にはどこから来たかも分析出来ます。じゃん!
華蔵寺公園はどこから.png

1位の伊勢崎市というのは、伊勢崎市民が華蔵寺公園をナビ検索したというのは考えにくいので、他の用事で伊勢崎市内に来た人が検索したという事を考えると、高崎・前橋・太田・熊谷・深谷・足利から特に多くの方が来ているという事になります。

もちろん高崎や前橋は近隣自治体の中でも人口が多いので、ランキング上位に来ることがわかります。

これは自分でデータ加工しなければなりませんが、例えば人口比率では少ないのに特に華蔵寺公園を選んできていただいている自治体がわかれば、

その自治体に華蔵寺公園の宣伝を集中的に行う事は、費用対効果が高いという事になるかと思います。

また、これから企業する予定の方が、この場所は適切かなという事を調べたい時はこういう事も出来ます。

まちづくりマップ⇒事業所立地動向⇒伊勢崎駅を範囲指定しますと、じゃん!
伊勢崎駅.png

卸売業⇒宿泊・飲食業⇒製造業の順に事業所があることがわかります。

もちろん、地図を眺めて個々のお店が何かを見る事も出来ます。

さて、使ってみた感想です。

データをいじくりまわす事は容易に出来ますが、分析は自分で行わなければならないと感じました。

このRESASは常に更新しているので、沢山の方が「ここは、こうして!」という意見を挙げれば、もっと改善されていることと思います。

そして、何より我々議員にとって、重要なのは!!!!

私達は、「〇〇を利用している方から、△△という意見をよく聞きます。なので、こうすべき!」という質問を議会でする事があります。

そういった質問が、本当に多くの方が意見しているような事に基づくのか、それとも、「たまたまその議員の周囲の人が言っているレアケースじゃね?」なのかがわかってしまうという事です。

医学の世界では、エビデンス・ベースド・メディスン、つまり根拠に基づいた医学が大事という事で、

その手術本当に合ってるの?その薬本当に合ってるの?というデータが蓄積されて、医療報酬の計算もそれとかけ離れた治療には保険が効かない仕組みになっています。

これが行政・政治でも行われる。つまり、

「それ、〇〇議員の思い込みで言ってんじゃないの??」

の時代が来るかもしれないという事でした。ちゃんちゃん。
【関連する記事】
posted by まにわ at 17:01| 群馬 ☔| Comment(2) | TrackBack(0) | 政策 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
記事を拝見させて頂きました。

グラフで見ると高齢者が増加傾向にあるのが
一目瞭然で分かり易いですね。

申し遅れましたが、私は手話言語条例成立の時に
トキちゃんのお話をさせて頂いた者です。
私は伊勢崎手話サークルどんぐりの会で役員を
やっております。
私の会社にはろう者が9名おります。
今後とも宜しくお願いします。
Posted by くまとうさん at 2017年06月28日 19:46
宜しくお願い致します。

こちらでのお返事が遅くなり申し訳ありませんでした。

馬庭充裕

>くまとうさんさん
>
>記事を拝見させて頂きました。
>
>グラフで見ると高齢者が増加傾向にあるのが
>一目瞭然で分かり易いですね。
>
>申し遅れましたが、私は手話言語条例成立の時に
>トキちゃんのお話をさせて頂いた者です。
>私は伊勢崎手話サークルどんぐりの会で役員を
>やっております。
>私の会社にはろう者が9名おります。
>今後とも宜しくお願いします。
Posted by まにわ at 2017年08月31日 11:17
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック