2017年05月07日

7年を振り返ってみました

こんにちわ

「市政について話を伺いたい」というありがたい申し出を頂きました。

1テーマ+これまでの取り組みをお話し出来たらと思います。

こういった申し出は自分の仕事を振り返るとてもよい機会となります。

せっかくなので7年分の仕事を振り返ってみました。

7年間、一度もサボらずにチラシを作成してきたので、少なくともチラシに掲載した事については、振り返る事が出来ました。

話が進んだ件で言えば、以下のような事に取り組んできました(個人的な相談・要望・地区要望除く)。

こうしてまとめると、もう一度現状を確認しなくちゃなあという事もありますね。

市民・市長・職員・議会(議員)・当事者に理解頂いて取組みが進んだものであり、又、全てゼロから起案したものではなく、ご意見を頂いてのものも多数です。改めて感謝申し上げます。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
・公共施設のファシリティマネジメント

・賞与における一般職員の能力成果給反映
(一般職の勤務成績が特に良好11.7%、良好87.8%、良好でない0.5%、万年評価の実態を明確化)

・公立幼稚園統廃合

・総合計画と各部門計画の不連動⇒連動化

・総合計画の議会議決案件化

・自殺対策の推進(街頭・図書館連携・可視化・ゲートキーパー養成)

・財政健全化(6年ぶりの市債残高減、財政調整基金積み立てルール明確化)

・災害時要援護者支援対策ガイドライン早期策定化(+災害時弱者名簿の行政区利用の推進)

・前橋市新清掃工場建設阻止

・不育症の周知と助成の推進

・小中学校水道使用料金2000万円の削減可能性を指摘⇒月例定期報告導入

・職員採用の改善
 目指す職員像を提示、先輩の仕事体験談

・SNSガイドライン策定

・市営の介護老人保健施設と訪問看護ステーションの経営に意見
(サービス情報公表の明らかな手抜きを指摘、赤字体質を追求)

・大型ショッピングセンターへの期日前投票所設置

・コミュニティスクール推進(市の全ての中学校区に設置)

・市が行う事業の評価シートのインターネット公開

・地域医療の推進(地域医療情報HP公開、シンポジウム開催)

・市民樹木点検マニュアルの策定

・放課後子ども教室増加

・類似業務も多い上水道と下水道の統合(統合は未定だが、デメリットはほぼ皆無である事を委員会で明言)

・障害があるなど継続した支援が必要な方を0歳〜18歳まで切れ目なく支援するサポートファイルの策定

・5歳児健診のモデル事業開始

・公式の場で問題を追及(消防職員の飲酒運転・無車検走行・無免許運転、障害者センター、給食センターの手続き)

・子どもの防犯防災の推進

・教員負担軽減(校務支援システムの市内全導入)

・債権管理の推進(情報の共有、全債権の把握と一元化)

・学力向上の推進(秋田モデルの導入)
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
posted by まにわ at 11:28| 群馬 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック