2015年10月02日

お知らせ

未来に責任!

まにわ充裕です!

委員会報告は一度お休みです。

少し前の情報(8月25日議会に報告)で恐縮ですが、関心も絶えずある案件であり、議会の議決も済みましたので、2点のお知らせを書きます。

1.栄橋補修工事について
 栄橋は、北小学校と伊勢崎図書館の西にある有効幅3.7mの橋です。幅が狭い事や橋の西にて過去に交通死亡事故が起きた事から近隣住民には関心の高い橋です。

 平成26年9月27日の花火大会において、栄橋下で花火見物をしていた高校生にコンクリート片が落下し負傷する事故が起きた。(報道でも市でも発表済のことです)

 平成27年3月25日までに緊急補修工事を実施して、歩行者および自転車の交通が可能となった。また、3月30日に橋りょう診断業務委託が完了し、その後第三者によるデータ解析を依頼し、8月12日に橋りょう診断報告書が提出された。

 報告書によると、栄橋の耐荷力は、ひずみ計測結果から14トンであり、構造耐力は健全であるが、経年劣化によるコンクリート剥離が進行していることが判明した。

 この結果を踏まえ、補修工事を平成27年度末までに実施し、事故前の通行が可能な状態にしたい。

 なお、この栄橋には、「自動車両の通行を求める要望」と「歩行者・自転車のみ通行を求める要望」の2つの要望があります。


2.伊勢崎市障害者センターについて

 7月29日、相手方と土地及び建物の売買に関する仮契約を締結し、オープンに向けた本格的準備を行う。

 設計業務委託を早急にするために、8月5日をもって、専決処分(議会にかける前に市長が専決する事)した。

 設計業務先行実施理由は、エレベーターを設置することに伴い、延べ床面積が1400平方メートルを超え、消防法に規定する建物用途別設置基準により、屋内消火栓設備を設置しなければならないことや、建築基準法の規定により、福祉施設として利用する為には避難経路の確保等の改修が必要となる。

 これらの設計業務については、当初想定したよりも多くの期間を要することが考えられ、障害者の方の利便性を考慮し、1日も早いオープンを目指して、今回専決処分した。

 なお、センターの利用方法等の詳細については、引き続き、障害をお持ちの皆様や、関係する団体のご意見をお聴きする中で、対応していく。

さて、これから第三中学校で生徒さんと一緒に勉強してきます(未来力講座です。そのうち書きますね)。
posted by まにわ at 12:02| 群馬 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック