2018年02月28日

予算委員会一日目

こんにちは。

まにわです。

拙ブログへの訪問ありがとうございます。最近また、閲覧数が挙がってきました。

内容はともかく、頻度を少し上げたので増えているのでしょうか。

基本、こちらは真面目な内容ばかりですので、退屈かもしれませんが、読んで頂きありがとうございます。

fbでは、もう少しフランクな内容も読めます。是非、友達申請してくださいね。
https://www.facebook.com/mitsuhiro.maniwa

次のような質疑をしました。

歳入(収入)については以下の質疑です

・地域自殺対策強化事業費補助金
>>選択した事業と理由

・部活動指導員配置促進事業補助金
>>財源、補助額の積算根拠、外部指導者との違い、効果

・学校家庭地域連携協力推進事業補助金
>>放課後子ども教室の拡充について

歳出(支出)については以下の質疑です。

・市の動画製作委託について
>>元気なまちのPRとして、市民団体の紹介もしてはどうか?
PR動画コンテストをしてはどうか?
新企画はあるか?

・交通指導員ん活動費補助金
>>指導員高齢化対策

・収納率向上対策事業
>>来年度の体制と収納事業の効率化について、債権管理条例について

この事業は機構の大幅な改編と条例制定の動きがあります。もちろんその事務を担って頂いたのは職員さんですが、私のこれまでの指摘・提案を充分に踏まえて頂いた改編となるようです。

手前味噌ですが、この部分は大きな仕事が出来たと感じています。

・障害者福祉管理事業
>>障害福祉課への保健師の配置の是非について

・基幹相談支援センター機能強化事業委託料
>>相談体制の拡充、委託方法の見直し

・訪問理美容サービス事業費助成金
>>自宅送迎付きの理美容サービスへの適応について

・高齢者タクシー利用料金助成金
>>日中独居となる方へのタクシー券支給について

・放課後児童支援員キャリアアップ補助金
>>補助の条件等

・病後児保育事業委託料
>>周知が進まない件について

・子ども発達支援センター管理運営委託料
>>土曜開庁の効果、慢性的な相談と通所が行いにくい状態の解消について、保育所等訪問支援と5歳児健診の連携について

・自殺対策計画について
>>自殺実態プロファイルについて、全庁的な取り組みについて

・乳児家庭全戸訪問事業委託料について
>>周知、健康推進委員の負担
posted by まにわ at 16:47| 群馬 ☔| Comment(0) | 議会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

シャトルラン

おはようございます。

今朝は宮子町で街頭活動。

本日は予算委員会初日なので、いつもより早く切り上げました。

さて、昨夜は殖蓮の社会人バスケットボールのシャトルランに混ぜて頂き増した。

最近、走ってないからな〜、と思いながらやってみると、

前回の100回を大幅に下回る87回・・・

一応、全国平均を見ると17歳男性の平均とちょうど同じようなので、

勝手に「なんだ、17歳の平均的な体力と一緒だ!」と前向きに考える事にしますね。

サンタさんにウォークマンをもらったはいいが、ほとんど曲が入っていない娘の為に下記の曲を入れてあげました。

1. イ―ジュ−★ライダー (奥田民生)
2. HOT LIMIT (T.M.Revolution)
3. タイミング〜Timing〜 (ブラック・ビスケッツ)
4. HONEY (L'Arc〜en〜Ciel)
5. これが私の生きる道 (PUFFY)
6. Sunny Day Sunday (センチメンタル・バス)
7. サウダージ (ポルノグラフィティ)
8. 雪の華 (中島美嘉)
9. There will be love there -愛のある場所- (the brilliant green)
10. 明日への扉 (I WiSH)
11. PIECES OF A DREAM (CHEMISTRY)
12. 夏祭り (Whiteberry)

このリストを見て、すぐにピンと来た方はオタクです(笑)。

さて、それでは委員会頑張ってきますね。

中継はありませんが、傍聴は可能です。

それでは、今日も皆さんが、よい一日を迎えられますように。
posted by まにわ at 08:53| 群馬 ☔| Comment(0) | 議会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月26日

一般質問をご紹介します。その1

まにわのメモによるものです。正式には録画中継をご覧ください。

斉 藤   優 議員
1 住生活基本計画について 市   長
(1)改定の背景及び目的
 平成25年3月に伊勢崎市住生活基本計画を策定した。平成28年に全国の計画、平成29年に県計画にて若年の方の住宅・高齢者の方の住宅・空き家などが計画に含まれたので、市計画の改定の運びとなった。

(2)概要
 10年の計画。全国と県の住生活基本計画と市総合計画を元に作成した。だれもが安心して暮らせるまちづくりの為、@ひと:子育て世代〜高齢者世帯まで安心して暮らせる、Aすまい:いつまでも住み続けられる。耐震化やリフォーム促進、空き家対策、Bまち:快適に住める、以上の3本柱。

2 総合防災マップについて 市   長
(1)特徴
 情報メール登録方法、避難情報発信方法、地震・雪害対策、避難所、家庭持ち出し品・備蓄品の周知、要援護者の避難場所を記している。浸水・洪水の避難基準や地域を変更して掲載した。

(2)公表及び今後の活用
 3月16日市の広報とあわせて全戸配布する。災害図上訓練を地域で行い、地域防災力向上を進めていく。


2 鈴 木 良 尚 議員
1 除雪対策について 市   長
(1)現状 (2)今後の対応
 平成27年度、県除雪会議で県計画により除雪優先順位が決まった。建設業組合と観光設備協会と市が協定を結んだ。ご提案の農協との協定は今後検討していく。除雪行動の基準は30cmの積雪である。

2 あかぼり運動公園駐車場について 市   長
(1)大会時の利用状況
 ソフトテニス大会等が行われ、大きな大会では200人が来場している。駐車場は58台分ある。乗り合わせや赤堀児童館駐車場の利用など臨時駐車場が154台分あり、その他にも臨時駐車場がある(計342台分)。

(2)今後のあり方
 周辺用地を駐車場とする事は考えていない。今後も利用者の安全をはかる。

3 指定管理者制度について 市   長
(1)導入数と成果
 453の公共施設があり、41施設が指定管理。

(2)チェック体制
 市が運営状況・利用状況・収支状況など管理者を監督している。今年度より自己評価を義務付けた。その他、不定期に職員による訪問、監査委員による監査を行っている。

3 新 藤   靖 議員
1 災害時における視覚・聴覚障害者への対応について 市   長
(1)情報提供 (2)避難方法
 情報メール、HP、防災無線、ラジオ、テレビ、民生委員、避難支援員等により伝達している。平成29年度より視覚障害者の為のラジオを給付用具とした。要支援者名簿を作成し、避難計画を立てるようにしている。

(3)今後の考え
 障害者福祉団体に意見を聞きながら、給付対象物品の検討をする。要援護者避難支援制度の周知をはかる。

2 地域包括ケアシステムにおける協議体について 市   長
(1)設置目的及び役割
 生活支援体制整備。住民による互助。目的は地域情報の共有と連携強化、支え合い。役割は11の地域で地域資源を把握するものである。

(2)周知方法
 平成29年9月に広報で周知した。

(3)今後の方針
 協議体の設置とともに生活支援コーディネーターを設置。11の全ての地区に11の2層協議体が出来た。平成30年度は第一層協議体を設置していく。

3 華蔵寺公園遊園地について 市   長
(1)利用者数及び利用・使用料金収入
 年間185万人前後で2億2000万円程度の売上。

(2)イベント
 雨が降ったら観覧車無料、埼玉県民の日に豆汽車無料、12月急流すべり無料、真夏に雪を降らせましょう、敬老の日、ハロウィンイベントなど実施。

(3)売店
 持ちやすさ、食べやすさを重視。もんじゃの販売もしている。新メニューは調理方法や食材管理の課題がある。

(4)集客数増加への取り組み
 無料情報誌を活用し、幼稚園・保育園にPRする。今後、テレビ等も活用したい。

4 長 沼 宏 泰 議員
1 地元生産物の販売・展示施設の整備について 市   長
(1)Made in いせさき事業の情報発信基地
 本市は製造業出荷1兆2千億円を誇る。1741市区町村中44位である。市役所と伊勢崎駅とスマークと駅前インフォメーションセンターの4ヶ所にショーケースを置きPR。メイドイン伊勢崎地域ブランド研究会を発足。スマークで非常設の製品とブランド野菜の販売会をしている。常設型のショップは調査・研究していく。

(2)いせさきブランド化野菜の販売施設
 ごぼう、白菜など11種類以上ある。アピタ・クラシーズ・JAでは米ぬか育ち野菜40品目を独自販売している。ぐんまちゃん家でも2回販売した。常設型については調査・研究。

2 移住促進について 市   長
(1)空き家の管理
 不動産やシルバー人材センターと協定をしている。その他団体との連携も調査・研究。

(2)空き家を利用した民泊施設の整備
 空家改修補助事業を今年度からしている。民泊施設の整備についても調査・研究。

(3)田園回帰の潮流に対する市の対応
 若い世代ほど地方への移住希望が強いという調査結果がある。本市の対応として平成27年度よりぐんま暮らし推進連絡会議に参加し、県のポータルサイトに登録、都内のぐんま暮らし相談会に参加し、本市の情報提供をしている。空家バンクとの連携も含め、今後も検討を進めていく。
posted by まにわ at 12:54| 群馬 ☔| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月23日

あと2000日

おはようございます。

今朝はひろせ町で街頭活動。
KIMG2603.JPG

久々(数ヶ月ぶり)に演説の神様が降りてきました。

これがあると本当に楽になります。

全くつかえずに言葉が出てくる。

車の反応はわかりませんが、歩行者や自転車の方が聞き耳を立てているのがわかります。

さて、今日立った交差点は昨日も立ったような感覚がありました。

一週間が一日のような感覚・・・・・

仮に80年生きるとすると、1年におよそ50週で4000週。

一週間が一日の感覚なら、もう40年弱生きているので、あと2000週、つまり2000日です。

2000週と考えると長いですが、2000日しかないと考えると短い。

随分と無駄な時間を毎日過ごしているかのような気持ちもしてきます。

なんて思いながら街頭に立っていました。

このように話そう、話そう、とするよりも妙な事を考えているときに演説の神様が降りてくるような気がします。

今日と来週月曜日の議会日程は一般質問です。

14人が登壇します(私は今回は権利ないので聞き役です)。

任期最後の議会で、各議員はどのような発言をするのか?

ご注目頂ければと思います。
posted by まにわ at 09:31| 群馬 ☔| Comment(0) | 議会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月21日

資源物の持ち去りは禁止に?

こんにちは

明日2/22(木)の議会日程は来年度予算に対する質疑が行われます。

私も会派を代表(1人会派ですけどね)して、質疑を行います。

通告は以下の通りです。

1.福祉・地域医療の充実について
(1)保育施設
(2)放課後児童クラブ
(3)ワクチン&子育てナビ

2.地域経済の活性化について
(1)地域コミュニティ活動事業補助金
(2)いせさきイルミネーション

3.安心、安全なまちづくりについて
(1)資源物持ち去り禁止対策事業
(2)運転免許証自主返納支援助成金

4.教育・スポーツ・文化の振興について
(1)コミュニティスクール
(2)市立幼稚園

5、行財政改革の推進について(市債について)

となります。

「あれ?あの事は質さないの?」と感じる方もいらっしゃるかもしれません。

限られた質疑時間ですので、例年私の質疑では、半分〜6割程度は新規事業等の質疑を行い、残りはこれまで取り組んできた分野の事の質疑を行っております。

そして、本会議で質さなかった部分は予算委員会で質疑します。
posted by まにわ at 17:41| 群馬 ☔| Comment(0) | 議会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする