2021年09月27日

「ナイチンゲール」「憲法」

IMG20210927163829.jpg
まにわ充裕です。

看護学校の講義、今年度の最終講

「ナイチンゲール」

「憲法」

についてお話しました。

ナイチンゲールについては、大富豪であった彼女が看護の道に進むまで、

どのように専門性を認めさせたのか、

看護にとどまらず国を動かした、その礎となった学問とは、

をお話しました。

白衣の天使と言われる看護師の天使の本当の意味をあなたはご存知ですか?

そして憲法。

法学部でもないので、学術的な話はあまりありません(また、専門に学んでいない私がそれをするのはおこがましいですし)。

原始時代の狩猟に始まり、祈祷で国を治め、戦で領土を奪い、大政奉還。

大日本帝国憲法→日本国憲法の相違。

現代の生活と憲法について、

武から法の統治を求める人気漫画キングダムや

憲法の3原則と週刊少年ジャンプの基本3原則を絡めたりしながら、

講義をしました。

地方議会と国会、三権分立、自衛権の話はかなり眠たそうでしたが、

憲法の話はしっかりと聞いて頂いたように思います。

コロナ禍において、以前の講義で実施していた模擬選挙が行えないのは、

極めて残念ですが、

試行錯誤しながら、

中立性を保ちながら、

政治を伝えていきたいと思います。

しばらく時間が取れませんが、

憲法の話については、あらましを発信できればと考えております。
posted by まにわ at 17:37| 群馬 ☔| Comment(0) | 教育 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年09月25日

ツイッターは2〜3人しか見ていないと思っていましたが、、、

まにわ充裕です。

わざわざ書かなくても良い事を書いてしまうのが私の性(さが)なのですが、

友達が減る以外の変化ってあるのかなあ。

しかしながら、少数意見に配慮しながら(私自身も会派構成からしてもぶっちぎりの少数派ですし)、

世の中を好転し、多くの方にとってより良い未来を創るために、

ごまかしたり、その場しのぎをしたりせず、今後も本音で発信をしていきたいと思います。

午前中は出馬に向けて準備をしている先輩(ある種腐れ縁の同志)のお手伝いをしました。

割と考え方の相違も多々あるのですが、世の中に必要な議員(候補者)は少々の相違も乗り越えて応援していきたいです。

遠隔なのでやる事も限られますが、コロナ禍の選挙というものをしっかりと捉えていきたいと思います。

最近、気付いた事。
続きを読む
posted by まにわ at 12:26| 群馬 ☔| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年09月24日

そろそろ、個人の1つの自由どころか、極めて広範囲に自由が制限されていることに向き合いませんか?

まにわ充裕です。

政治家は国•県•市•首長•議員、

どのステージだとしても、

自分の人生だけでなく、人の人生にも大なり小なりの責任を持つ立場です。

思想や表現の自由があるので、

その責任を持たない方々が、何を言っても、何をやっても、自由です。

ワクチンパスポート

これを群馬県が進めていく中で、大きな課題を抱えているのは承知していますが、

前にも発信したように、次善の策を考えるのが政治。

自粛の効果も薄く、経済や市民活動を再開出来ない状況において、打開する1つの策ではあり、大いに議論すべきと考えております。

ワクチンパスポート反対のご意見に、

打つも打たないも個人の自由

との訴えがあります。

そのとおりです。それを侵害する気はありません。

でも、これだけハイリスク群がわかってきていて、かつ、ワクチン接種の効果もわかってきている中、

そのハイリスク者が重症化し、入院加療をするということで、

お店を経営する、お酒を提供する、社会活動をする、交流をする、

という大きな権利や自由が広範囲で制限されています。

何も無理やり接種させるということではなく、接種して入院加療のリスクを減らした方に、

活動しやすい状況や特典を検討ということなのです。

ワクチンパスポート反対する活動をする方の中には、

ワクチン接種そのものに反対の方々も混じっています。

群馬県でも残念ながら二人の議員がワクチン接種そのものの中止を求める嘆願に名前を連ねています。

高齢者優先接種は、

日本人のファクターXを突破したデルタ株蔓延で、

8000人の命を救ったとも推定されていますが、

反ワクチンの方に、この命が救われなくても良かったの?と聞いてみたいものです。

さらに個人の自由より、もっともっと広範囲で自由が制限されている状況をどう思うのか?とも聞いてみたいです。

沢山のお店が廃業に追い込まれた。

収入が激減した方々が大勢いる。

運動会も修学旅行も、卒業式も中止や縮小が相次いだ。

コロナ禍を悲観し、自ら命を亡くす方が大勢出た。

これに向き合って、処方箋を考えていくのが政治なんです。

誤解のないように言いますが、議論の活発化のために、反ワクパス活動が大いに盛り上がったらとは思います。

しかし、コロナ禍を好転する対案もなしに、その活動に乗っかる政治家については、

私は厳しい判断を取らせていただきたいと思います。

といっても、何かしらの権限はないので、

友達にはなれないな

って感じです。
posted by まにわ at 19:27| 群馬 ☔| Comment(0) | コロナウイルス関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年09月22日

ブレイクスルー感染の対策を県と国に求む

昨日
Screenshot_2021-09-22-21-54-19-26_bc2db4f7d4a3ecbd7110d668db0c059d-2e515.jpg

今日
Screenshot_2021-09-22-22-01-08-15_40deb401b9ffe8e1df2f1cc5ba480b12-cda9c.jpg

昨日と今日の感染動向を見ると、

ブレイクスルー感染(ワクチン接種者の感染)のようですね。

感染予防効果は3ヶ月から長くても6ヶ月ぐらいなのかな(根拠はイスラエルの状況。私の過去の発信も見てくださいね)。

重要なのはこのブレイクスルー感染者の今後の重症度。

今回の集団感染で、

「やっぱり感染止まらんから、宣言も自粛もまだまだ続けないと」

となってしまったら群馬県も、日本も詰んでしまいます。

いい加減に感染者数のみを追う事から改めてほしいと思います。
posted by まにわ at 22:12| 群馬 ☔| Comment(0) | コロナウイルス関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

憲法は誰が守るの?

まにわ充裕です。

この質問に的確に応えられる日本人は少ないと感じています。

社会人に問う機会は無いのですが、学生さんに聞くと、多くの方が間違って答えます。

政治は教育に(一般論としては)介入出来ませんが、教育は政治に介入したと言われたくないので、

学校現場で習う政治は、政治の歴史や極めて表面的な制度・法をなぞる事に終始しやすく、

政治のダイナミックな面を伝える事は難しいのではないかと考えます。

*例を挙げますと、教育が組合活動として沖縄の基地反対運動を行ったとしても、授業で「基地は日本に合っちゃダメだよ」という取り扱いをすればニュースになりますよね。

むろん私が看護学校で行う講義もいくら公教育ではないからといって、なんでも好き勝手に喋っていいというわけではありません。

私が心にとめていることは、

・可能な限り両論併記で政策課題を伝えること(消費税なら増税も減税も、その理由を伝える)

・将来ほとんどの学生さんが看護師になるという前提で、医療や看護における政治の関わりを伝える事(例えば7対1看護師配置など)

・社会の教科書に書いてある事をなぞるだけならば自習や参考書で良いので、生きた政治テーマと政治家の動き・国民の思いを伝える

・学生は少ないとしても伊勢崎市民で有権者となる方(市議会議員・県議会議員・国会議員の選挙)もいます。例として自分の仕事を取り上げる事はあるにしても、自分への支持を露骨に集めるような講義はしない

などでしょうか。


続きを読む
posted by まにわ at 09:34| 群馬 ☔| Comment(0) | 教育 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする