2024年03月04日

予算委員会もすぐに

まにわ充裕です。

一般質問が終わると、予算審議です。

次のような項目を検討しています。

ここに挙げる目的は、ただ一つ。

私は文教福祉委員会に所属している事もあって、極めて子育て関連の質疑が多くなっています。

なので、委員会の空気的に、

まにわ、質疑が多すぎだよ!と怒号が飛びます。

私自身が質疑を整理するのと、実は他の分野は少ないんだよという、お知らせなので、勘弁してくださいって感じです。

予算委員会に適した内容という条件になりますが、何か質す事がありましたら連絡ください。

続きを読む
posted by まにわ at 17:24| 群馬 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 議会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

世界で二番目に早い一般質問報告2日目 世に有効(必要)な事と、議員の役割と、、、。

まにわ充裕です。

今日は、この前の投稿の続きで、明るい中でのガラス掃除から始まった一日です。

議会、一般質問は7名の方が登壇しました。

最後、栗原議員の一般質問時に興味深いやりとりになりました。

教育委員会では、教職員多忙化を解消し、本来やるべき業務により取り組むべく、提言R5に基づいた業務改善を進めてきました。

これにより、運動会等のイベントの見直し、夜間の電話対応減少などを進め、教職員が授業研究に充てる時間が増加しました。

栗原議員は再質問で、「県大会出場時の横断幕の掲示が無くなった」「先生が親父の会のイベントに参加しなくなった」、この2事例を挙げて、提言R5の取組は誰の何のためのもの?先生にとって良くても、子どもや保護者には意義があったの?と再質問をしました。

教育長は、なるほど、そのようなご意見を頂くという事は、改革の意図が伝わっていないのかなとおっしゃいました。

私はどちらかというと、こういうお話を頂くと、

「そういった行事参加も含めて見直しているのですから、子ども達のために使う時間が増えるんですよ」って返事してしまうタイプです。(*これは議員としてマネしちゃだめ。人気も票も減ります)

本音と建て前を上手く表現するのも仕事の一つと捉えれば、栗原議員の対応がベター・ベストとは思います。

民主主義の制度というのは、多数決(同時に少数意見の尊重もあり)、そして、国民が主義・主張を政治に届け実現させる事です。

世に有効(必要)な事と、議員の役割は一致しない場面も多々あるものです。

なかなかややこしい話から始まりましたが、

それでは、一般質問の執行部答弁のメモをご覧ください。

続きを読む
posted by まにわ at 16:31| 群馬 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 議会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2024年03月03日

マナー、モラル。ムカつきましたが、自責と捉えることにします

まにわ充裕です。 

この1つ前の投稿の通り、本日は遠く香取神宮まで三郷地区体育推進委員会の研修会で出かけておりました。 

その楽しい会から無事に帰宅して、自宅の南の道路に大量のガラスの破片が散らばっていました。 

特に自動車事故の話は聞いていないので、

意図的にガラスの瓶を叩きつけたものと思います。 

見にくいと思いますが、道路にこのように散乱されていました。
IMG20240303185233.jpg

あー、運転手さんの運転とはいえ疲れているのになあ、

と思いつつも、仕方なく片付けを開始。

こんなに大量のビンが集まりました。
IMG20240303192500.jpg

ウイスキーのラベルがありますが、

これを飲んでいたのでしょうかね。

誰だか知りませんが、もうお前は酒を飲むな!と言いたい。

楽しい気分から一転、不快な気持ちになりましたが、

これも、マナーを守り、モラルのあるまちづくりを進める責任を担う立場の自分の努力が足りないと捉えることにします。
posted by まにわ at 19:31| 群馬 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

覚悟が違う

まにわ充裕です。

こんにちは

本日は早朝から、三郷地区体育推進委員会研修会に参加しました。

香取神宮を目指しながら、年度計画等の協議を行います。

茨城県阿見町の予科練平和記念館に寄りました。

IMG20240303093554.jpg

予科練とは、旧日本海軍で、航空機搭乗員養成のための制度です。

当初、日本全国から志願者が集まり、79倍の倍率の選考を経て、予科練生が産まれました。

選考試験も難関で、きっと当時のエリートであったと思います。

私はこういった場所に寄ると、涙を流さずにいられなません。

誰しも死は恐れるものです。

10代後半、遅くても20代の彼らは、必死の部隊への配属も自ら志願しました。

予科練生のこんな手紙がありました。

◆飛行機乗りで三十にもなればもうお爺さんと云われます。 三十以上のパイロットなんて多くいません。 大概二十代で戦死します。 海軍パイロット界に入ったら絶対にぬけられません。 死ぬまでのご奉公です。 好きでなったがパイロット 娑婆の五十を三十で暮らす 左様奈良

戦争は現代の正義ではありませんが、

当時の正義だったのでしょう。

現代人の我々は安易に、

必死に努力と使いますが、意味がまるで異なります。

先人のおかげで今があること、戦地にいかずに当たり前に日常があること、

に感謝して、今を精一杯生きていきたいと思いました。

予科練生の話ではありませんが、

最近観た特攻隊の映画、

あの花が咲く丘で、君とまた出会えたら

Screenshot_2024-03-03-10-11-29-16_bc2db4f7d4a3ecbd7110d668db0c059d.jpg

とてもオススメです。涙を流さずに観られませんでした。
posted by まにわ at 10:32| 群馬 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 人権 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2024年02月29日

世界で2番目に早い伊勢崎市議会一般質問報告1日目

まにわ充裕です。

来年度の予算の審議も控える中、活発な議論が行われました。

着目した質問は、田村議員の波志江給水塔(17号沿い)をペイントし、広告・宣伝に使ってはいかが?です。

答弁は数千万円かかるので難しい、でした。

確かに、いくら今年20周年を迎えるとはいえ、単にペイントに数千万円をかけることは疑問です。

でも、これが市役所だけで行うのでは無かったらどうか?

例えば、クラウドファンディング等で、

「新市誕生20周年を記念して、伊勢崎市の記念市章を給水塔にペイントしよう!」と呼びかけて、

最低額1000万円集まったらやる、集まらなかったらやらない。というのはどうでしょうか。

市章.png

そんなことを思いながら、皆さんの質問を聞いておりました。

それではどうぞ、速記なのでノークレームでお願い致します。

続きを読む
posted by まにわ at 17:12| 群馬 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 議会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする