2017年04月23日

前橋渋川シティマラソン体験記

こんにちわ
まにわ充裕です。

本日は前橋渋川シティマラソンに参加するために前橋グリーンドームに来ております。

私は運動不足のメタボなので、今回アスリートとしてではなく、視察目的の参加です。

六時に伊勢崎を出て、しっかりと運営を見させて頂きました。

前橋の職員さんには、「是非、意見を!」などとも言われていましたが、

意見するどころか、とても勉強になりました。

前橋渋川シティマラソンと伊勢崎シティマラソンは確かに規模が違います。

私の記憶違いで、既に伊勢崎市でも取り入れていることもあるかもしれませんが、

感じたことを書いておきます。

1、事前案内パンフレットへの愛
 全般的に凄く丁寧に作られている事がわかる。遠方の参加者はレースコンディションがわかりません。10年分のレースコンディションが記載してあり、服装の参考になります。
KIMG0623.JPG

2、駐車場
 事前の申し出により、駐車する位置が決まります。スムーズに駐車出来ました。
KIMG0584.JPG

3、高齢ランナー、遠来者へのおもてなし
 当日77歳以上の方にもれなく健闘賞、北海道・中国・四国・九州・海外からの参加者には遠来賞をお渡しします。励みになりますね。
KIMG0622.JPG

4、協賛企業への心配り
 開会式の中で市長から協賛企業(15社前後)に感謝状をお渡しします。
KIMG0590.JPG
5、応援で来ている方のおもてなし
 群馬テレビによるテレビ放送があるというのもありますが、会場に巨大ビジョンを置いて、来場者は楽しみます。
KIMG0600.JPG
また、沢山の食べ物屋だけでなく、スポーツショップも。
KIMG0601.JPG

そしてステージではゲストのリオオリンピック代表の北島選手と芸能人アンカンミンカンとのトークショー
KIMG0624.JPG

6、ランナーへの心配り
 荷物を預かってくれるのは嬉しいです。グリーンドームに参加種目毎に預かりブースがありました。
KIMG0585.JPG

 ゴールがあえて?会場から少し離れており、ゆっくりとダウンが出来るのは初心者ランナーに優しいですね。

 SNSで投稿しやすいように撮影用の場所と面白いボードがあります。
KIMG0608.JPG

沢山あるんです
KIMG0607.JPG

私もちゃっかり、ラッキー賞のラーメンも当り!
KIMG0604.JPG

また5kmですら、15分・20分・30分のスタートの並びがありました。これも嬉しい。

レースに出る前に山本前橋市長と
KIMG0593.JPG

私は5kmを走りました。
22分18秒

全体で82位、種目13位でした。
KIMG0620.JPG
【関連する記事】
posted by まにわ at 12:02| 群馬 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月22日

新年度、うわぐつをキレイに出来ていますか?

まにわ充裕です!

今年度に小学校に入学された児童の皆さん、保護者の皆さん、おめでとうございます。

議員は入学式に出席しないものですから、祝意を伝えるタイミングが遅くなってしまいました。

さて、本日はフランクな話題という事でうわぐつについて書いてみます。

続きを読む
posted by まにわ at 11:16| 群馬 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月21日

伊勢崎市民の共通の旗は?(市旗の話ではなく)

おはようございます!!

ひろせ町の交差点で街頭活動を行いました。
KIMG0565.JPG

家庭の用事でスタートが大幅に遅れましたが、

沢山の高校生と挨拶を交わせました。

「よくわからないけど、こういう大人もいるのね」程度でも構わないかなと思います

最近、無心でビラを配布していると、伊勢崎市民の共通の旗について思います。

華蔵寺公園(遊園地)→ ちょっと違う?

オートレース→  一部の方の利用かな?

スポーツ→ 拠点チームがない?

世界遺産田島弥平旧宅→ 行ったことない市民も多い

公共施設→ 目立って大きなものもなし

一時期、五十嵐市長がサッカースタジアム建設に熱心だったことも、理解できる気がしますね。

その場合はザスパがザスパ伊勢崎ぐらいになってくれないと困りますけど。

議会事務局に議員レターケースの整理で寄りました。

そこて知りましたが、高崎市の西口に巨大なアリーナ(体育館)か出来たそうですね。

総工費300億円?年間ランニングコスト3億円?利用料収入5千万円?との話です。

私は箱モノ好きではない事は、今までの取り組みから理解していただけると思いますが、

公共施設再編のシンボルとなる新しい箱モノは必要と思っています。

それにも情報収集して取組んでいきたい。

皆様のご指導をお願いいたします。
posted by まにわ at 09:21| 群馬 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 街頭 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月20日

ドナー助成拡大

おはようございます。

まだ朝の街頭活動には早いのですが、四時半に目が覚めてしまいました。

早起きすると、日中眠くなるのが心配です。

さて、昨日の上毛新聞の一面にドナー助成の事が掲載されていましたね。

以下、上毛新聞4月19日1面

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

「本年度、骨髄や末梢まっしょう血管細胞のドナー(提供者)への助成制度を導入した県内自治体が15市町村に上ることが18日、上毛新聞のまとめで分かった。これまで助成制度を設けていたのは前橋、安中、榛東の3市村だったが、県が昨年度に市町村への助成を打ち出したことなどを受け、一気に拡大した。提供に伴う通院や入院の経済的な負担を軽減することでドナー登録と提供を後押しし、移植の増加につなげる。 

◎全国のドナー登録は47万人 
 本年度、新たに導入したのは桐生、伊勢崎、太田、沼田、藤岡、富岡、下仁田、南牧、草津、東吾妻、片品、川場、昭和、みなかみ、明和の15市町村。 

 制度は、通院・入院に要した日数を基に、1日当たり2万円、上限7日分を助成する。このうち半額を県が市町村に補助する仕組みで、昨年度の助成件数は3件だった。 

 骨髄などの提供には、医療処置などで7日程度の通院や入院が必要だ。勤務先に休暇制度がない人や収入減に直結する自営業者にはハードルが高いと指摘され、経済的な理由が足かせになっているケースもあるとみられる。 

 日本骨髄バンク(東京)によると、ドナー登録をしている人は今年2月時点で全国に約47万人。登録者の増加により患者の96%以上で適合ドナーが見つかるようになった。一方、実際に移植に至るのはこのうち54%にとどまり、移植率は横ばいが続いている。 

 ドナー候補となりながら、移植が実現しなかった要因に「健康理由以外」を挙げる人が66%を占めることから、経済的な支援を含めた環境の整備が求められている。 

 県内自治体における制度拡大について、県骨髄バンク推進連絡協議会の八木原勇治会長は「登録や提供をしたくてもさまざまな理由でためらう人もいて、助かる人が助からない現実があった」と歓迎する。未整備の自治体もあるため、「金額の拡充や県単独の助成も検討してほしい」と要望する。 

◎登録者は4885人全国下位に低迷 
 骨髄を提供したドナーへの助成制度を導入した市区町村は今年2月、全国で200を超えた。地元自治体に対する補助制度がある都道府県は8都府県のみで、2016年度に導入した県の取り組みは先進的といえる。 

 県が骨髄ドナーの支援に力を入れる背景には、以前から登録者が少ない群馬県の事情がある。今年2月末時点の県内の骨髄ドナー登録者は4885人。対象人口(20〜54歳)1000人当たりでは5.74人で、47都道府県中40位と下位に低迷する。11年度に全国最下位となったこともあり、県は近年、登録者増に向けた取り組みを続けている。

 県薬務課は「今後も未助成の自治体に積極的に働き掛けていきたい」としており、担当職員が各市町村に出向くなどして、県内全域での導入を急ぎたい考えだ。」

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

以上、引用。

記事によると、もう患者の96%以上に適合ドナーが見つかるようになった一方、実際の移植は54%にとどまるそうですね。

県内の登録者の状況なども書いてあり、わかりやすい記事と思いましたが、せっかくなので病気の事も書いてあるともっとよかったなあと思いました。

日本骨髄バンクによると、

「骨髄移植や末梢血幹細胞移植は、白血病や再生不良性貧血などの病気によって、 正常な造血が行われなくなってしまった患者さんの造血幹細胞を、 健康な方の造血幹細胞と入れ替える(実際はドナーから採取された造血幹細胞を点滴静注する)ことにより、 造血機能を回復させる治療法です。」

とあります。

伊勢崎市も助成を本年度開始するわけで、3月議会において質疑をさせて頂きましたが、

どのような周知をしていくのか、登録者は増えていくのかを注目しながら待っています。

最近、読書熱もほんの少し復活してきました。
KIMG0522.JPG

それでは、およそ二時間後に連取町の山田うどんの交差点でお会いしましょう。
posted by まにわ at 05:09| 群馬 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 社会保障 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月16日

舞い散る桜

まにわ充裕です。

今日は子ども会育成会の廃品回収のお手伝いをしました。
KIMG0537.JPG

太田町は隅々まで知っていますので、戦力になれることが嬉しいです。

育成会の活動では、PTA の役員さんとはまた違った保護者の方とお会い出来ます。

何度もお見かけしてましたが、初めておしゃべりをしました。

そのおしゃべりの中で、私から「私に届く要望の多くは実はコミュニケーション不足から届くものが多いんです。ゴミのマナー・生い茂る樹木や雑草・騒音・ペット・子どもなど。だからこそ、大変かもしれないけど、こうした町の役員をすることはとっても意義があると思いますよ」と伝えました。

ややむさ苦しいおっさんかもしれませんが、ほんの少しでも伝わると嬉しいです。

その後すぐに、三郷地区体育推進委員会の懇親グランドゴルフ大会と交流会に参加しました。
KIMG0538.JPG

本日の本市は29℃

とてもいい陽気の中、舞い散る桜を見ながら交流をしました。
KIMG0539.JPG

今年度が本格的に始まってきました。

何人のお困り事に応え、何人の命を救い、何円の経済効果を生み出し、何円のコストカットをし、何人の将来負担を減らせるか。

結果も求められる仕事であることを忘れずに精進したいと思います。
posted by まにわ at 13:03| 群馬 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする