2018年01月16日

療育判定体験記

(*今回、親御さんのご了承を頂いて書いています。むしろ知ってもらうために書いて欲しいとのことです)

こんにちは。

私は「介護 子育て」とうたっておりますが、

そんな私に障害を持つ子どもの現状を知って欲しいということで、保護者さんより依頼がありまして、

療育判定の場に同席するという貴重な機会を頂きました。

療育判定とは知的障害の子どもに交付する療育手帳の区分判定のことです。

A1(最重度)・A2・A3・B1・B2(軽度)の5段階です。

相談や判定は伊勢崎市民の場合、群馬県前橋市の中央児童相談所で行います。

まず、県職員さんが日常の様子・園での様子・出来ること・出来ないこと・お子さんの困り事・親御さんの困り事・通院状況・医学的情報を聞いていきます。

判定の基準を見ると、基本的にはIQで判定することになっています。

しかし、本日同席したお子さんのようにIQの点数がつかず、判定が難しい場合は、

遠城寺式乳幼児分析的発達検査や日常の様子を元に総合的に判定することになります。

6つの分野ごとに相応の年齢が出ます。

・移動運動
・手の運動
・基本的習慣
・対人関係
・発語
・言語理解

それぞれ二歳相当とか、1歳2ヵ月相当とか判断します。

今日の療育判定〜医師の診断〜手帳の交付〜制度の説明、まで全てで3時間半ほど掛かりました(途中、検査の集計や待ち時間も多少ありました)。

今日、同席して本当に良かったなと思いました。

私などは単に今日、相談所に行っただけですが、子どもやその保護者が普段どのような生活をしているか、そしてどのような事に悩まれているかがよくわかりました。

その子の疾患は書きませんが、通院もかなり多く、整形・皮膚科・歯科・アレルギー科・循環器科・発達相談・耳鼻科、、、とさまざま。

他にリハビリ通院も。

日常生活では食事の様子、食形態。

外食出来るか、外出出来るか、

自傷行為はあるか、どのようなものか。

トイレ・入浴・更衣、

目を離せるか、運動機能は?

絵は?鉄棒は?お友だちや家族と関われるか?

言葉は?

ここに書かない事も含めて、本当に調査項目は多いですね。

待ち時間には、小学校などの今後の事・ご家族の事・周囲の方との関係の事などお聞きしました。

今日のように、ここまで個人的な事を家族でもない私に聞かれるのは色々と思うこともあったと思います。かけがえのない機会を頂き、本当に感謝しております。

さて、最後に医師から判定が告げられました。

職員さんも医師も、気を使っている様子が見受けられました。

様々な施設や制度の活用のために重度と判定されたいという思い。

我が子は障害は軽い(ない)という思い。

当事者にしかわからない思いがあるようです。

重度と判定されて嬉しいと思うことも、悲しいと思うこともあるのです。

今日の判定はどうだったかは控えますが、保護者さんの表情には安堵の姿が見えました。

もちろん今日の事で全てがわかったなどと言うつもりはありません。

でも、無邪気な○○君を見て、「ああ、私も地域も、この子と仲良く暮らしていけるといいなあ」と思いました。
posted by まにわ at 18:23| 群馬 ☔| Comment(0) | 社会保障 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月15日

訪問御用聞きの日々から

誉め言葉が心に刺さる

「ファンだからずっと応援してるのよ」

8年ぶりにお会いした奥様、何の縁もないなか、ずっと応援頂いています。

私はこの方個人の為に何かの仕事をしたことがないですし、特に後援会集会とか宴会も開くことはないので、ずっとお会いすることもなかったです。

こうして、全くお会いしていないのに実はそっと長く応援していただいている方が多く、感激の日々です。

「こんな小難しい事ばっか書いてちゃダメだ。見出しと写真でいいんだよ」とこの8年、多くの方に何回も言われ続けてきました。

でもそんな政策もへったくれもないチラシはこれまで30号以上発行してきて、一回もありません。

常に問題提起・政策提言を掲載してきました(読者を引き付ける為の写真は導入しましたけど)。

自分は応援される価値があるのかなあ、としみじみ考えてしまいます。

単に「お褒めの言葉、ありがとうございます」で受け流せない自分がもどかしいです。

「まにわさん、俺は違いがわかる!

良いこと書いてあるよ。真剣に仕事していることがわかるよ!」

前回と今回のチラシをお読みいただいた方からお電話を頂き、30分にわたって、私のチラシを解説頂きました。(私のw、チラシですからねw)

過分なお言葉ありがとうございます。

御用聞きもなかなか進まないものです。

一期目と二期目の訪問活動の違いとして、お茶やお話をするお宅も増え、相談の深刻度も増しています。

今回のようなお電話の激励も。

陰でひっそりと私を広報頂いた方のご支援も頂きながら、一人で歩いて今の状況を切り開いてきました。

二期目の任期のフィナーレはもう少し先ですが、しっかりと評価頂けるように、残りの三ヶ月も歩き続けたいと思います。

やっぱり、御用聞きしました〜は投稿の話題としては難しいですね。というわけで、不定期連載、市内のグルメ紹介もお楽しみくださいね。
posted by まにわ at 19:26| 群馬 ☔| Comment(0) | ポスティング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月08日

本日の新年会であいさつした事を紹介します。

こんばんは

まにわ充裕です。

久々の更新で恐縮です。fbは更新しておりますが、ブログ滞っていました。なるべく頑張ります。又、お寄り下さいね。

続きを読む
posted by まにわ at 23:44| 群馬 ☔| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月01日

明けましておめでとうございます

2018年

明けましておめでとうございます。

本日はお昼から町内の新年会。

明日は、オートレースへ挨拶回りと自宅目の前の神社の新年会。

三日は市内の親戚(妻は群馬出身ですので、親戚がおります)に挨拶回りをします。

四日は市役所のほとんど全ての部署への挨拶回りをします(*今年が選挙イヤーなので行くのではなく、毎年、行っています)。

残りの時間で年賀状書き(毎年、頂きながら元旦に届くように送っていないのは、市内の有権者には私からはお返事としてしか出せない決まりがあるからです。)と正月明けに挨拶回りで用いる名簿の整理をします。

というように、ゆっくりしつつも、バタバタもしておりますが、普段、会えない方と交流をするお正月とさせて頂きます。

誰しもが、一日、一日、歳を重ねていきますが、最新の自分が最良の自分であるように磨き続けられたらと思います。

今年も皆さんの叱咤激励をよろしくお願いいたします。
posted by まにわ at 12:52| 群馬 ☔| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月31日

2017年を振り返って

1年間、市民、公務員、市長、議会の皆さんに大変にお世話になりました。

こんにちは

まにわ充裕です。

皆さんのご尽力やご指導やご努力のおかげで、

これまで政策として提言してきました

・教員多忙化対策(校務支援システム) ・5歳児健診 ・債権管理(給食費未納対策) ・公共施設統廃合
・コミュニティスクール ・スポーツ推進計画 ・財政健全化 ・真面目な職員が報われる人事制度改革

何度も、何年もかかって推進出来た事も多々ありまして、議員としての充実感をこれまでにないほど実感させて頂いた1年でもありました。

心より感謝申し上げます。

今年もあと1日を残すのみとなり、簡単に振り返ってみたいと思います。

年始におそらく3000枚ほどあった名刺が無くなりそうなので、出会いも多かった一年だったように思います。

今年は政治に関して言うと、森友・加計学園問題をきっかけにして(ここでは是非を論じません)、不倫・政務活動費不正使用などの汚職が連日お茶の間を賑やかして、政治の信頼が地に落ちた1年でした。

衆議院議員選挙も行われ、希望がいい?⇒希望に排除された立憲が気の毒?⇒消極的に政党の体をなしている自民へ。という政策論議・実績点検もろくにされない選挙がふたたび・三度繰り返されました。

私自身は無所属の地方議員として、それらに流される事はなく(といっても政治に関わる身であることは間違いなくいので、多くの方に「あなた達、何をやってるの。真面目に仕事しなさい」と言われましたけど・・)、淡々と伊勢崎市議会議員としてやるべきことをやってきました。

議会人なので、まず公式の議会の審議をお話しします。

続きを読む
posted by まにわ at 08:44| 群馬 ☔| Comment(0) | 政策 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする